バクデザイン株式会社のロゴ
ブログ

温かみのある写真の撮り方

みなさま、おはようございます!

 

先日、知人の結婚祝いのお返しに こちらの品 いただきました~っ!!

 

十二単シリーズ 五分咲き

 

ズバリ、日本の心「お米」デスッ!!

 

八代目 儀兵衛 というお店の ブランドセレクト米セットでした♪

 

5,000円のお祝い金に対して、半返しとして、2,500円(←やらし~計算を・・・)。

この値段でのお返しとしては、かなりセンスのいいお品でした♪

 

美味しいお米って、本当にウレシイものです。

お米って、意外と食費の中で大きな割合を占めるので、経済上 とっても助かる上に いつもの食材より贅沢感が味わえるとは♡

 

○月さん ありがとうございますっ!

 

という感じで、いつもの如く【しみったれた生活感】満載の 自称 スーパーアシスタント えみおです。

 

 

本日のテーマは、社長のリクエストということもあり、20年近く培ってきた私の趣味、「写真」についての 講座パート1 にいたします♡

 

 

 【まずは 撮りたいものにグーンと寄る】

 

写真を撮る際に最も重要なのは、何を撮りたいかを1つ決める ということです。

アマチュアさんは、欲張っていろんなものを写真に詰め込みたくなってしまいがちですが、まずは主役を1つに決めることが大事です。

 

いい写真を撮るためには、欲張りは禁物です(笑)

2つ入れたい場合も、主役と脇役、きっちり決めましょう。

 

そして、主役を決めたら ググ~ッと主役に寄って撮ってみましょう。

 

F16

 

こんな感じです。

最初の写真より、インパクトのある写真になりましたよね(笑)

 

主役以外のものが できるだけ入らないように撮ってしまいます。主役が全画面の3分の2くらいを占めれば、早くもいい写真になります。

 

主役ですら、全体が入りきらないくらいに寄ってみるという アラ技 が個人的には大好きです。(個人的に大胆なのがお好み♡)

 

もう少しドラマティックに仕上げたいと思う人のために、さらなる技をお披露目しちゃいます♡

 

 

【 AF 機能を使う 】

 

ちょっといいデジカメなら、もれなくついてくる【AF】機能!!私が20年間、愛してやまない機能です♪

 

どういう機能かというと・・・ズバリ

背景をぼかせます!!

 

主役と脇役をハッキリわけたい時にもってこいの 超お手軽で、優れものの機能なのです!

 

カメラの上部にダイヤルみたいなものがあるかと思いますが、その中で「A」という文字にダイヤルを合わせます。

 

そして、ファインダーを覗くと F11 等の数字が出てきます。

この数字が大きいと、手前から奥までピントが幅広く合います。(被写界深度といいます)

 

私はこの数字を F4~F5.6 くらいまで小さくして使うことが多いです。

 

要は、ピントの合う距離をグッと短くすることで、主役以外をぼかす というテクニックを利用しています。

 

Before  F 16

F16

 

After  F 5.6

F5.6

 

このような感じです。

 

ドラマティックになった上に、写真が柔らかくなりましたよね♪

 

温かみのある写真が撮りたいな~と思っている方は、ぜひともこの機能を使ってみてください♡

 

他の人との差をつけられること、間違いなしですよ~♪

 

桜1

 

このエントリーをはてなブックマークに追加